ご自宅でできるスキンケア商品&サプリメント 皮膚病治療症例写真集 難治性皮膚疾患の症例報告

遠隔診療

通院が難しい遠方の飼主さまへメールと写真で継続治療が可能
遠隔診療における症状の改善率95%以上
遠隔診療の開始
来院について 都市部開催についてのお問合せ 往診についてのお問合せ
都市部開催の特別診療日程
平成27年
8月2日(日) 神奈川県川崎市
9月23日(水) 東京都葛飾区

平成28年
5月5日(木) 東京都葛飾区
7月18日(月) 埼玉県さいたま市
8月30日(火) 埼玉県さいたま市
11月3日(木) 東京都葛飾区

平成29年
5月16日(火) 東京都葛飾区 
※問い合わせフォームから受付

よくある質問

Q なぜ、メールと写真だけで治療ができるのでしょうか?

A 皮膚病の診断には診た目(写真)がとても重要で、多くの症例は診た目で判定することが可能です。また皮膚疾患の多くは遺伝的な特徴をもっており、犬種の体質を把握していれば初診時にしっかりと検査することで治療方針をほぼ確定することができます。

▲ページの上へ戻る

Q 通院するのと遠隔診療では効果や治る速度に違いはありますか?

A 医療としては直接通院をお勧めしています。遠隔診療では皮膚コンディションの評価を飼主さまが撮影する写真 に頼るため、「飼主さまが気づかない部位」「上手に撮影できない」などの要因が治療成績に影響することも考え られます。総合的には90%以上の飼主さまが長期的(3ヶ月以上)継続されていますので、、非常に多くの症例 で十分な改善が見込めます。 ※改善率・・・95%以上

▲ページの上へ戻る

Q 治療費の支払はどのように行いますか?

A 原則銀行振込になります。

▲ページの上へ戻る

Q どのようなケースの場合、遠隔診療が受けられませんか?

A 自己免疫性疾患、一部の内分泌疾患、腫瘍性疾患、毛色の異常や痒みのない脱毛疾患は向いていません。体調不良やその他大きな病気を疑う場合はかかりつけの動物病院への受診をおすすめします。

▲ページの上へ戻る

Q 時間帯の制限等ありますか?

A 24時間受け付けております。ご返信は、当日または翌営業日に行っております。休診日と休診日前日に問合せをいただいた場合、翌営業日のご返信となるため、少しお待たせしてしまいますがご了承ください。返事がない場合や急ぎの場合は、恐れ入りますが直接当院までお電話ください。

▲ページの上へ戻る


治療成績

新着情報

一覧を見る

2017/05/04

<5月休診日のご案内>
4/30(日)正午~5/3(水):休診
5/4(木):午後休診
5/5(金):休診

毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診
※その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/04/01

<4月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

<GWのご案内>
4/30(日)正午~5/3(水・祝):休診
5/4(木・祝):午後休診
5/5(金・祝):午後休診

その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/02/17

〈3月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

20日(祝・月):午前・午後休診
その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/01/22

〈2月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/01/05

〈1月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

9日(月・祝):休診
23日(月):午後休診