犬の皮膚病用シャンプー・サプリ

ドクターズ スキンケア&サプリ
スターターセット


 
うちの子の痒みを何とかしてあげたい、と願う飼い主の方へ


 □ 湿疹(赤いブツブツ)が多い
 □ 皮膚が赤い
 □ 円形脱毛が複数ある
 □ 掻いたり、舐めたり、こすりつけたりする
 □ お薬を飲んでも改善しない、または再発が多い
 □ 夜もかゆみで目が覚めることがある
 

犬の皮膚病治療のみを専門に行う愛知県の動物病院、四季の森どうぶつクリニック メディカルスキンケアセンター。来院するペットのすべてが過去に治療を受けても治らなかったという難治性で、さまざまな犬種が来院されますが、その多くが獣医師の中でも最も治療が難しく遺伝的体質が原因とされるフレンチブルドッグとシーズーです。


このフレンチブルドッグ・シーズーを含め、なぜ当院が高い治療成績をあげることができるのか?その答えは今の皮膚科診療にたりない「スキンケア」と「サプリメント」を持っているからです。

起きている皮膚トラブルを正常に戻すこと、治療に加えてスキンケアは今までの皮膚科診療に足りなかった1つです。しかし治療にもスキンケアにも足りない部分があります。

「なぜ皮膚病になるのか?体質に合った再発予防は?」

皮膚そのものだけを診るのではなく、「なぜ皮膚病が再発するのか?」を徹底して考え、行き着いた答えのが腸管免疫を考えたサプリメントです。

この2つを組み合わせることで難治性の治療成績が向上し、再発も少なくすることに成功しました。


ただ、これまでは当院を受診された方だけにご提供していた為、遠方で通院が困難な多くの方々より「せめてそちらで使っているスキンケア用品を教えて欲しい」というお声を数えきれないほど頂いてきました。そこでこの度このオンラインショップを開設し、当病院で既に多数の実積をあげている最新のスキンケア用品とサプリメントを、全国の方々にご提供する運びとなりました。




 
それはシャンプーではなく、皮膚を再生させるスキンケアにありました!


皮膚病の主な原因は、①感染(特に細菌感染)と②皮膚バリア機能の低下(皮膚の弱さ)です。そのためには治療方針は感染の原因となる菌を抑え、感染の起きにくい皮膚に再生させることです。

従来の投薬治療やシャンプーでは薬で菌を抑えこもうとするだけで、皮膚そのものは再生せず十分に菌を抑えることができませんでした。そのためフレンチブルドッグやシーズーといった遺伝的体質で皮膚が弱い犬種では治療成績が悪く、再発も多かったのです。

そのため犬の皮膚病治療には「シャンプー」ではなく、「スキンケア」として皮膚をケアすることで、皮膚そのものが再生し、治療成績が向上するとともに、再発を抑えることができるのです。

 
犬の皮膚科専属獣医がこだわり抜いた3つのポイント


高濃度クロルヘキシジン配合!炎症のある皮膚や敏感肌でも安全に強力殺菌

◆ セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ
セラミドは皮膚を乾燥・病原体・アレルゲンなどの外部刺激から守るバリア機能を担っている成分の1つで、スキンケアに必須成分といわれています。

◆ フィトスフィンゴシン
皮膚の角質層に存在するセラミドの前駆物質で、皮膚の保水力を高め皮膚を外部刺激から守るほか、抗炎症、殺菌、ニキビ予防に効果があるとされています。セラミドになる一つ前の物質であることで、セラミドより皮膚に吸収されやすく、皮膚バリア機能の改善にはセラミドよりもさらに効率的に作用するといわれています。

◆ クロルヘキシジン
クロルヘキシジンは敏感肌でも低刺激性で高い安全性があり、殺菌効果の持続性など優れた特徴を数多く有しています。また濃度を高めること(2%)でより高い殺菌力を示すことが報告されています。

スキンケアの基本でもあるシャンプーですが、1週間に1~2回のシャンプーだけでは皮膚病対策としては不十分です。さらに重要なスキンケアは、シャンプーと同じく皮膚再生と殺菌を兼ね備えたローションによるデイリーケアです。このローションなくして皮膚再生はできません。。


 
スキンケアオイルの王様!ホホバオイルによるオイルクレンジングで、過剰な皮脂を取り除く

シャンプーだけではきちんと洗浄できないことがあるのをご存知ですか?過剰な皮脂がシャンプーの有効成分も弾いてしまうからです。

ベタつきやガサつき、フケなどが気になるワンちゃんや、皮膚病で皮脂の多い場合には、シャンプー前のオイルクレンジングが不可欠です。

Medicareのクレンジングオイルは、強力な保湿力と高い安全性で「スキンケアオイルの王様」とも呼ばれているホホバ油を贅沢に配合しています。



 
なぜ皮膚病になるのか?その答えの一つは、腸内免疫にありました。
 
 
生きて腸まで届く乳酸菌配合!腸内環境を整えて内側から健康を

皮膚や被毛は身体の内側の健康を表すバロメーターだといわれています。そのため皮膚病は皮膚だけで起きているのではなく、身体の内側の異常を反映して皮膚トラブルが起きていると考えています。中でも皮膚に大きな影響を与えているのが腸内環境で、皮膚をアレルゲン・細菌・真菌から守る皮膚バリアに関わる免疫系の多くが腸内環境の影響を受けています。

スキンケアECプラスは難治性皮膚病だけを診る獣医師が実際の症例でその効果を評価し、数多くの乳酸菌の中から最も治療成績が高かった組み合わせの乳酸菌を高濃度に配合したサプリメントです。

スキンケアでは埋められない「なぜ皮膚病になるのか?」の答えの1つとして、健康的な腸内環境と皮膚・被毛をサポートしてくれます。


 




 
我が子のためにやってあげたい医療を、他の子のためにも

獣医師である前に、一人の飼い主として

「自分の大切な子がこうなったら、この子のために何をしてあげられるか?」

そんな揺るぎない信念で、獣医師として10年以上臨床にあたっています。

今回開発したスキンケア用品やサプリメントも、湿疹の多い自分の子(シベリアン・ハスキー)にまず試し、その違いに驚きました。

そのため、我が子にとっても、日々の診療においても今では欠かせないアイテムの一つです。


【開発者経歴】
・2002年:宮崎大学農学部獣医学科卒業
・〜2009年:大阪や名古屋の動物病院に勤務
・2009年:四季の森どうぶつクリニック開院
・日本獣医皮膚科学会会員

【主な学術活動】
・2010年:小動物臨床専門誌 掲載「皮膚科診療における抗生物質療法」
・2012年:小動物臨床専門誌 掲載「「脂漏症におけるスキンケア療法」」
・2012年:第7回世界獣医皮膚科会議(カナダ・バンクーバー)招待参加
・2013年:小動物皮膚科専門誌 掲載「メディカルスキンケア療法」



既に病院でも多数の実積をあげています

※クリックすると画像を大きく表示させることができます。
※以下は全てあくまで実積であり、効果効能を保証するものではありません。
 
症例実積1 フレンチブルドッグ
 
症例報告2 フレンチブルドッグ

症例報告3 フレンチブルドッグ

症例報告4 フレンチブルドッグ










 








 

新着情報

一覧を見る

2018/04/29

<5月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

5/3(木曜日):祝日のため、午後休診
5/4(金曜日):祝日のため、午後休診
5/28(月曜日):午後受付は5:00まで

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で
急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2018/03/31

<4月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

4/2(月曜日):遠隔診療のため休診
4/30(月曜日):振替休日のため休診
5/3(木曜日):祝日のため、午後休診
5/4(金曜日):祝日のため、午後休診

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で
急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2018/03/03

<3月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

3/5(月曜日):午後受付は4:45まで
3/30(金曜日):午後受付は4:45まで
4/2(月曜日):遠隔診療のため休診

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で
急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2018/02/01

<2月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

2/3(土曜日):午前11:30まで、午後休診
2/12(月曜日):休診
2/26(月曜日):午後受付は3:00~5:00

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2018/01/04

<1月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

1/8(月・祝):休診
1/22(月):午後受付は3:00~4:45
1/29(月):午後受付は2:00~3:30

※その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。