院長ブログ

2017年6月22日 木曜日

【柴犬の皮膚科専門外来】 診たことない柴犬が・・・

柴犬の痒みを伴う皮膚病治療に力をいれている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


先日待合室でまっている柴犬をみて違和感を覚えました・・・

「誰だろう?診たことあったかな?」

この違和感の原因はそのあとの診察で解決できました。

今日はそんな症例報告です。




【症例】

 柴犬 4歳 女の子(避妊手術済)

【経過】

 〇去年の夏からつづく痒みを伴う皮膚病

 〇冬もよくならず、春から脱毛が進む

 〇痒みの部位:頚部、お腹、四肢端

 〇過去の投薬歴:痒み止め

まずは顔の左側から。




続いて、頚部。




同じく、頚部のやや左から。




続いて、右前腕。




続いて、身体の左側。



同じく、左側の胸部拡大。




続いて、身体の右側。



同じく左側、腹部の拡大。




続いて、前胸部。




続いて、腹部。




続いて、内股~後肢。




続いて、左後肢の側面から。





それでは、この初診時から7週間後の状態と比較してみてみましょう。

※画像をクリックすると、拡大してみることができます。































まさに「見違えるように」とはこのことですね。

毛並みはほぼ元に戻りましたし、肝心な痒みも元の10分の1までへりました。

もちろん初診時に「まずよくなる」と思ってアプローチしましたが、たった7週間でここまでよくなるとは思いませんでした(笑)

診たのは初診と再診2回の合計3回でここまでよくなるとは・・・自分でもちょっとびっくりしました。



先週の北海道往診から1週間たっても疲れがとれない僕にはまぶしく見えるこの回復力・・・・これが世に言う「若さ」というものでしょうか(笑)



治療のポイントは特になく、診た瞬間に治療方針は決定です。

初診時から治療方針の変更はありませんでした。






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年6月19日 月曜日

【犬の皮膚科専門外来】アポキルは効く?効かない?

柴犬の皮膚病治療に力をいれている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


今日は当院のシャンプーに切り替えたという飼主さまから、「すごくよかった!私の手までしっとりツヤツヤ!人用のも出して!」って喜んでいただけました。

もちろんリップサービスもあってちょっと盛ったお言葉かもしれませんが、素直にうれしいです!

そのわんちゃんの症例報告も時期に行いたいと思います。



さて、今日の症例報告は以前紹介した柴犬の続きです。

 アポキルは効く?効かない? ~薬の使い方~

このわんちゃんにさらに1ヵ月後、つい先日の来院のときの様子です。

【症例】

 柴犬 4才 去勢雄

初診の状態については以前のブログを参考にしていただき、今回は比較のみです。

※写真をクリックすると大きくなります。

一部左右逆の写真での比較ですが、基本左右対称性の皮膚病でしたので、ご容赦ください。











以前よりさらに「フワフワになった!」とおっしゃっていただけました。

痒みも元々の10分の1、アポキルを増やすことなく痒みを抑え、きれいな毛並みになりました。

梅雨・夏を迎えますが、アポキルを1日1回より少なくしていきます。



基本は気温と湿度が高くなるこの時期には痒みがぶり返しやすく、減らすどころではないことが多いのですが、この柴犬のタイプであればアポキル以外の違う目線から診ることでアポキルを減らすことが可能となります。

このようにアポキルは服用すれば同じ結果がでるというわけではなく、症例の病態をよく把握して出すことで大きな差をつけることができます。

柴犬の痒みを伴うアトピーなどの皮膚用治療でお悩みの方は、一度当院を受診してみてください。



近日中に、別の柴犬の驚きの症例をご紹介しようと思います。

※自分でも写真みくらべてびっくりしましたので、ぜひチェックしてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年6月15日 木曜日

【診極め】往診の必需品 『天狗のお面』

こんにちは、昨日往診先のご自宅のユニットバスで慣れない薬浴をして、おかしな筋肉痛に襲われている獣医師の平川です・・・(^^;


昨日の【名古屋⇒北海道】片道1000kmの往診で紹介したように、10歳の黒パグちゃんの初診として北海道まで行ってきました。

4時半におきて早朝便にのり、夜帰ってきました。

往診としてはギネスでも申請できるのかな?ってレベルですね。

そして何度も伝えますが、ノー観光&ノーグルメの100%仕事です。

すすきの?

まじめに仕事だけして帰ってきました(笑)




で、肝心の診察ですが、往診先には顕微鏡も検査機器もないため、材料は採取しつつも、何一つ検査は済んでいません。

菌なのか、寄生虫なのか、ホルモンなのか・・・何一つわからない状態ですし、「次回直接診るチャンスはない」という背水の陣でしたが、

「これで明日には痒みも止まってぐっすり眠れます」

と宣言して帰ってきました。




・・・・といったはいいものの、気になるのでまだ1日しか経過していないのに電話してみました!


僕 「様子はどうですか!?」


飼主様のご返答は・・・



飼主さま 「特にかわらないですね」



僕 「・・・・・・・・(絶句)・・・・」


頭の中ではCPUフル回転で、さまざまなシュミレーションをしながら・・・・



僕 「・・・やはり、強い痒みが残ってますか?・・・」

飼主様 「いえ、もう掻いてなく、ぐっすり寝てます。」


・・・・一安心でした!


もう大丈夫です。

この先はうまくいかない理由がみつかりません。

今日はもって帰ってきた材料を顕微鏡でみて、病変評価の確認をしつつ、血液・菌・尿を各検査センターに送りました。

また7~10日後くらいには検査結果が出揃うと思います。

「検査結果いかんに関わらず、治療方針は立てられる」が基本ですので、すべて想定の範囲内の検査結果しかでないと思います。


この1回の診察で治療方針をたてるという遠隔診療ですが、1泊2日の範囲内であれば基本全国どこにでも伺いますので、ご希望の方はHPの遠隔診療からお申し込みください。



かなりの心配性&小心者なので、天狗のお面をつけてご自宅まで往診に伺います(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年6月14日 水曜日

【名古屋→北海道】片道1000kmの往診

こんにちは、メールと写真で継続治療を行う遠隔診療にも対応している皮膚病専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

当院ではオフィシャルHPに掲載しているように、ご自宅までの往診にも対応しています。
※写真で改善の見込みあり、と判断できる場合に限ります。



過去にも関西・関東での往診を何度か行ってきましたが、今日は名古屋から飛行機に乗り、北海道まで往診に行きました。

1件の診察+ご自宅薬浴で総14時間コースです。

「北海道でリフレッシュ?」と言われそうですが、明日から通常診療なので、観光・グルメなしで、離陸時刻23分前に空港駅につくという「路線検索」でも出てこないウルトラ乗り継ぎプランをつくり、空港を全力ダッシュして帰ってきました(笑)



こういったご自宅往診では1日1件しか診ることはできませんが、「呼んでいただけたら行きます」という気持ちで受けています。

今日は10歳のパグちゃんでした。

1歳のころから背中にフケ、5歳のころから頚部・四肢にフケがでるようになったということです。

最近は夜も痒くて寝れない、オシッコ中も痒くて途中でオシッコをやめてしまう・・・というかなり強い痒みを感じているようです。


まずは全体像。




続いて右前腕の内側。




同じく右前腕の正面から。




続いて、左前腕のやや外側から。




続いて、左後肢のカカト~甲の部分です。




最後に背中のフケです。





今日ご自宅でスキンケア治療の指導を兼ねて薬浴して、投薬開始です。

今戻ってきたばかりで、明日顕微鏡検査・血液検査を行う予定のため、「何1つ検査をしていない」という状態です。



おそらく今晩から眠れると思います。

そして1週間後にはフケも臭いも随分とすっきりしていると考えています。

検査結果から診断名をつけることと、治療方針をたてることは別、これも「診極め」です。

またご報告します。





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年6月 8日 木曜日

【皮膚科特別診療】東京都品川区 7月16日(日)

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。


東京での皮膚科診療の開催です。

初診時にしっかりと検査を行い、継続治療をメールと写真で行う遠隔診療です。

※遠隔診療・・・当院HPの遠隔診療をよくお読みください。

【日時】

 平成29年7月16日(日)

 16:00~ 事前申込金による完全予約制

【内容】

 痒みを伴う典型的な皮膚疾患のみ

 ※問い合わせフォームよりメールでお写真などを送っていただき、遠隔診療の適応か判断させていただきます。
 ※写真をみて遠隔診療の適応ではないと判断した場合はお断りする場合もあります。
 
今回は当院受診、往診でもなく、東京の品川区で行う診療です。

今回は少な目の4~5件を予定していまます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着情報

一覧を見る

2017/06/01

<6月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診
※その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2017/05/04

<5月休診日のご案内>
4/30(日)正午~5/3(水):休診
5/4(木):午後休診
5/5(金):休診

毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診
※その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/04/01

<4月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

<GWのご案内>
4/30(日)正午~5/3(水・祝):休診
5/4(木・祝):午後休診
5/5(金・祝):午後休診

その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/02/17

〈3月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

20日(祝・月):午前・午後休診
その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/01/22

〈2月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。