院長ブログ

2017年7月26日 水曜日

【シーズーの皮膚病治療】シャンプーとサプリメントを中心に


シーズーのアトピー、アレルギーが原因となっている脂漏性マラセチア性皮膚炎の治療に力を入れている皮膚病治療専門動物病院「四季の森どうぶつクリニック」です。


7月に入り、ギアが1つあがった様な来院件数でブログ&症例報告が進みませんでした・・・すいません。

北海道まで往診にいったパグのわんちゃんの経過も抜群にいいので、お写真を掲載したいところですが、もうしばらくお待ちください

・・・治療に手間取っているわけではありません(^^;

まずは久しぶの「まさにシーズーの典型例!」という症例のわんちゃんの治療報告です。

【症例】

 シーズー

【経過】


手元にカルテがなく、自宅でやっているので、また次回埋めますね(^^;

まずは初診時の状態です。




続いて頚部、




続いて、右上腕です。




同じく右上腕の毛をかきわけた拡大像です。




続いて、右前腕です。




同じく右前腕の毛をかきわけた状態です。




続いて、胸部です。




続いて、わきの拡大です。




最後に内股~後肢です。



ベタベタ、ゴワゴワ、大量の黄色いフケ、皮脂で臭いもかなり強くなっています。


このタイプであれば、初診時に毛をツルツルの状態までカットして、少し生えたころにはよくなります。

手元にカルテがないのでわかりませんが、被毛の長さから予測するに約3週間後くらいでしょうか?

初診時と約3週間後の比較をみてみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

まずは頚部。




続いて、右上腕です。




続いて、右前腕です。




続いて、胸部です




上の胸部写真と同じ角度から、脇の拡大です。




続いて、内股~後肢です。




病変・痒みともに皆無に近いところまで到達したと思います。

ここまで到達すれば、当院の治療方針さえ継続していれば、元に戻ることはないでしょう。


院内薬浴とお薬処方の両方を行いましたが、もしスキンケアやサプリメントがなければいかに飲み薬が同じものでもうまくいかないでしょう。

スキンケアとサプリメント、そして医療としての投薬治療の内容がすべてそろえばこれだけ早く改善します。






また、このタイプであれば継続治療をメールと写真で継続する遠隔診療でも十分に改善がきたいできると考えています。



関東圏からは東京、神奈川、千葉、埼玉からも受診があり、関西圏からも大阪、京都、兵庫から来院があります。







このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年7月26日 水曜日

【診療サポート】アポキルが効かない痒みの原因は?

犬の皮膚病の中でも痒み治療に特化した動物病院【四季の森どうぶつクリニック】の平川です。


以前にも何度かブログで紹介しましたが、今年から皮膚科のない動物病院向けに、スキンケア・サプリメントなどの共同開発・研究を中心に診療提携をはじめました。

今年の1月に最初の取り組みとして、問い合わせのあった動物病院の先生の難治性症例の診療サポートを行い、順調にいい結果がでましたので、ここでご紹介したいと思います。



【症例】

 柴犬 4歳

【経過】 ※かかりつけ動物病院の先生からいたたいだメール内容をご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4歳の柴犬で、1歳くらいから全身の痒みを発症。
当院だけでなく、他院にも受診しており、過去には(当院と他院の治療内容を合わせて)
ステロイド(内服・コルタバンス)
シクロスポリン(半年以上継続)
インタードッグ(EODで半年以上)
ブラベクトによる試験的駆虫
IgE リンパ球検査済

などを経て、今はアポキルを当院で内服しています。
BIDでアポキルを飲むとある程度は効くけど、写真のレベルであり痒みは抑えきれない。
目の周りは、アポキル飲んでからましになった。
ステロイド1mg/kgの方がよく効く。
フードはアレルギーに配慮したフードを2社くらい使ったが、フードを変えて痒みが変わった実感はなし。
どの会社のフードかは、飼い主さんが記憶していない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのときにいただいた写真を紹介します。













この4枚を送っていただきました。

投薬内容など少し追加の情報をいただいたのが、以下の通りです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ステロイドは、過去1年間で
2016年4月にEODで5㎎(0.6㎎/㎏)16日間(8回)
5月~7月に5㎎錠 頓服として10錠/月 処方
7月後半からはアポキルへ
コルタバンスは、2014年10月に1度処方したのみ
アポキルを飲み始めてから、顔周りの痒みはだいぶましで発毛も良好。
2016年10月くらいは、SIDで大丈夫と言っていたが、現状BIDでもかなりかじっているのか、発毛はみられない
10月末に一度、足裏の炎症がひどくなったため、1週間だけプレドニゾロンに変更。
10㎎3日間と5㎎4日間。
そしたら、痒みがぴたっと止まったとのこと。
現在、アポキルは3.6㎎錠 SID~BID (0.42㎎/㎏)
背中の痒みはなし
耳は先日の診察で左耳がかゆいとのことで来院。
左のみ強い発赤が出ていて、オスルニアを点耳→本日2回目の予定
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この時点でほぼ答えはでてゴールまでの治療の道筋はついています。

そして平成29年1月31日、かかりつけの先生の都合と飼主さまの都合を合わせて「1回限りの現地診療」をさせていただき、方向性・処方をお伝えして当院の診療は終了としました。

そこから約5ヵ月半後の7月19日の状態を先生からいただくことができたので、ご紹介します。

状態には非常によくて、過去最高の毛並みに戻ったそうです♪












参考までにアポキルは1日1回でコントロールできているということでした。

冬に1日2回でも痒くて毛並みも悪かったのが、この真夏に1日1回で過去最高のコンディションという変化です。

最初に提案した方向性のまま、ここまでいい結果がでて本当によかったと思います。


今回は飼主さまの通院都合などもあり、若干時間がかかりましたが、スムーズにいけば2ヶ月あればここまで到達できるでしょう。

今の皮膚科の最大の悩みである「アポキルが効かない痒みをどうすればいいか?」のポイントの一つはここにあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年7月 9日 日曜日

診察時間短縮のお知らせ

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。


夏本番、暑いですね!

これから3ヶ月は暑い状態で、皮膚トラブルも増えやすくなっていますので、早め早めのケアで対応していきましょう。


では、今日は症例報告ではない病院ネタです。

タイトルどおり、診察時間を短縮することにしました。

・・・「しました」とある通り、7月1日からすでに短くなっています。

以前まで平日7:10受付終了(7:30完全終了)でしたが、6:45受付終了(7時完全終了)としました。

また土曜日は同じく7:10受付終了でしたが、5:30受付終了としました。


理由はみなさんのご想像の通りかと思いますが、労働環境の適正化です。

自分一人で仕事する分には好きなようにすればいいのですが、病院が成長して大きくなればなるほど1人では仕事ができなくなり、必ず誰かのサポートが必要になってきます。

そして動物病院ではどうしても女性の力が必要で、女性従業員と共に仕事のバランスをとることがとてもとてもとても・・・・・とっても大事です。

地域を代表するような大病院にまで成長すれば、2交代制にして長く開院することもできなくもありませんが、当院のようなタイプの病院であれば2交代制は難しいため、基本は常にフルメンバーで対応しなければいけません。

そして従業員が長く働けるように、労働環境を適正なものにしていくためには・・・・この診察時間が限界というのが導き出した答えです。


今後は継続の飼主さまに今以上の医療サービスを提供するために、新しい医療体制をつくる準備をしていますので、新体制にご期待ください。











このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年7月 1日 土曜日

ポメラニアンの脱毛症治療 

当院は「かゆみ」を主とした皮膚病治療に力を入れている皮膚科動物病院ですが、ポメラニアンやトイプードルの脱毛症の患者さまも非常に多く来院されています。

今回はその「痒み」と「脱毛症」の両方をかかえたポメラニアンの症例報告です。


【症例】

 ポメラニアン 2歳 男の子(去勢済み) 

【経過】

 〇去年の6月のカット以降、毛がはえてこない

 〇去年の9月頃から脱毛が進む

 〇腹部側面、かかとを昔よりなめる(心因性?)

 〇かかりつけの病院にてレーザー+抗炎症薬+サプリメント(R&U、栄養剤)


まずは全体からみていきましょう。



続いて、頚部。



続いて右前腕。


同じく、右前腕側面。



続いて、左前腕。



同じく左前腕側面。



続いて、身体の右側。



同じく、身体の右側の頸部~胸部の拡大。



続いて、身体の左側。



続いて、身体の左側の頸部~胸部の拡大。




ポメラニアンやトイプードルに多い脱毛症アロペシアX(毛周期停止)の特徴をもっています。

ただ「脱毛」しか症状がない通常のアロペシアXとことなり、今回は「痒み」という症状もかなり強くでています。

痒みが強い部分は腹部側面(色素沈着が強い部位)、手首のあたりです。

アロペシア単独であれば顔・四肢の脱毛はほとんどないため、手首の脱毛は「アロペシアX」の症状とはいえません。


それでは、この初診時から9週間後の状態と比較してみましょう。
※画像をクリックすると、拡大してみることができます。































まだ被毛は短めですが、かなりの改善がみとめられました。

毛の数としては80%以上の改善と判断しています。



それでは簡単な解説です。

今回は通常のアロペシアXとは異なります。

理由は「アロペシアX」だけでは起こらない痒み、特に手首の痒みがその特徴を表しています。

そのため今回は脱毛症に対するアプローチと、痒みに対するアプローチの両方を行いました。

では本来の脱毛症ではおこらない「痒み」に対してどのようなアプローチを行ったか?というと、もちろん最初は「アポキル」です。

アポキルは、副作用が非常に少なく、飲みやすく、痒み全般をかなりの精度でおさえてくれる非常にいいお薬です。

しかし今回は処方する時点で「効きが悪い」という前提で処方しました。

もちろん「効けばOK」という期待もありましたが、「効かなければ次は〇〇〇」という次のプランを用意して、あえて最初にアポキルを選択しました。


アポキルの効果はというと、やはり「痒みはまったく改善なし」という効果なしの治療結果でした。

もちろん想定範囲内ですので、アポキルの処方は終了し、予定通り次に考えていたサプリメントを処方しました。

「痒み止めのアポキルを撤回して、次に出すのがサプリメント?」と思われるかもしれませんが、この症例の最大の見せ場はここです。

すると痒みもほとんど収まり、上の写真の通り舐めすぎていた手首の脱毛部位も綺麗な被毛が再生しています。


この流れであればもうお分かりだと思いますが、サプリメントは当院のオリジナルサプリメント、ヒーリングケアLFプラスです。





たかがサプリメントですが、されどサプリメントです。

的確な診断があれば、サプリメントはお薬を超える改善を示すことすらあります。

今回も初診時に「これはLFプラスで改善するだろうな」と判断してあえて「アポキル→LFプラス」という処方の流れをつくりました。

当院では医療を提供するクリニックでもあるのですが、医療だけではないサプリメントの重要性もお伝えできればとも考えています。


脱毛症を治すサプリメントではないのですが、痒み・舐め癖の治療選択肢としてヒーリングケアLFプラスは非常におすすめできます。

当院のオンラインショップで購入することが可能です。






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年6月22日 木曜日

【柴犬の皮膚科専門外来】 診たことない柴犬が・・・

柴犬の痒みを伴う皮膚病治療に力をいれている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


先日待合室でまっている柴犬をみて違和感を覚えました・・・

「誰だろう?診たことあったかな?」

この違和感の原因はそのあとの診察で解決できました。

今日はそんな症例報告です。




【症例】

 柴犬 4歳 女の子(避妊手術済)

【経過】

 〇去年の夏からつづく痒みを伴う皮膚病

 〇冬もよくならず、春から脱毛が進む

 〇痒みの部位:頚部、お腹、四肢端

 〇過去の投薬歴:痒み止め

まずは顔の左側から。




続いて、頚部。




同じく、頚部のやや左から。




続いて、右前腕。




続いて、身体の左側。



同じく、左側の胸部拡大。




続いて、身体の右側。



同じく左側、腹部の拡大。




続いて、前胸部。




続いて、腹部。




続いて、内股~後肢。




続いて、左後肢の側面から。





それでは、この初診時から7週間後の状態と比較してみてみましょう。

※画像をクリックすると、拡大してみることができます。































まさに「見違えるように」とはこのことですね。

毛並みはほぼ元に戻りましたし、肝心な痒みも元の10分の1までへりました。

もちろん初診時に「まずよくなる」と思ってアプローチしましたが、たった7週間でここまでよくなるとは思いませんでした(笑)

診たのは初診と再診2回の合計3回でここまでよくなるとは・・・自分でもちょっとびっくりしました。



先週の北海道往診から1週間たっても疲れがとれない僕にはまぶしく見えるこの回復力・・・・これが世に言う「若さ」というものでしょうか(笑)



治療のポイントは特になく、診た瞬間に治療方針は決定です。

初診時から治療方針の変更はありませんでした。






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

新着情報

一覧を見る

2017/06/30

7月から診察時間が変更となります。
それに伴い、薬浴最終受付時間も変更となりますので、詳細はHPの診療時間案内または、院内掲示にてご確認ください。

2017/06/30

<7月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診
7/17(月・祝):休診
(7/16正午~7/19休診)
※その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2017/06/01

<6月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診
※その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2017/05/04

<5月休診日のご案内>
4/30(日)正午~5/3(水):休診
5/4(木):午後休診
5/5(金):休診

毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診
※その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/04/01

<4月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

<GWのご案内>
4/30(日)正午~5/3(水・祝):休診
5/4(木・祝):午後休診
5/5(金・祝):午後休診

その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。