院長ブログ

2018年8月11日 土曜日

暑い名古屋から涼しい北海道へ・・・往診です!

今日も暑いですね!

今年の東海・名古屋は日本一の暑さではないでしょうか??

先日沖縄から引っ越してきたばかりの方が「名古屋の方が暑い!」とおっしゃっていました(^^;



さて、いよいよお盆休み、当院も今日の午前で夏休みに入ります。

大型連休前は「休む分をちゃんと働いてから休みたい」というおかしな思考回路になるのですが、今年は例年以上に「もう十分働いた!」という忙しい夏なので、胸を張って休みたいと思います(笑)



で、お盆明けですが、タイトルにあるように北海道に往診に行くことになりました。

以前にも北海道まで往診に行ったのですが、その方とはまた違う方からの往診依頼です。

※参考記事 2017年8月往診

  以前の北海道往診ブログ  名古屋→北海道 片道1000kmの往診

  治療後の改善ブログ    【遠隔診療】北海道の皮膚病を治療する


あの車窓からみえる白樺林、涼しい北海道に行けるかと思うと今からドキドキです(笑)

症例は柴犬、よくある頚部~胸~お腹~内股が真っ黒&ゴワゴワになっているタイプです。

医療に絶対はないのですが、一応確信をもって臨みますので、まずよくなるでしょう!

そのため検査する前にすでに治療方針は決まっており、診る=治療スタートです。








このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2018年8月10日 金曜日

夏のフレンチブルドッグの典型的皮膚病とそのケア

夏になると悪化しやすいフレンチブルドッグの膿皮症・アトピー・手舐めの治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


今年の夏は暑いですね。

ブルドッグ犬種は気温・湿度での悪化がありますので、この時期上手に乗り切りたいところですね。



【症例】

 フレンチブルドッグ 1歳5ヶ月 男の子

【経過】

 〇半年前から全身の湿疹が消えない

 〇顔の痒み、手を舐める

それでは初診時の状態です。



































それでは初診時から4週間後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。




















非常に綺麗になりました。

湿疹はなく、顔の皺の皮膚炎もなく、手舐め・足舐めもほぼありません。


体質的には再発しやすいため、こういった症例では再発予防のためにスキンケア&サプリメントが非常に有効です。

 身体の湿疹(膿皮症) → スキンケアECプラス
 アトピーの体質改善  → スキンケアECプラス
 手舐め・足舐めの改善 → ヒーリングケアLFプラス
 顔の皺のケア → Medicareローション
 全身のスキンケア →Medicareオイル&シャンプー&ジェル

当院のオンラインショップからお買い求めいただけます。

適切な診断・医療とともに併用いただければ非常に効果的と思います。




1点注意があります。

食べているドッグフードが合っていないといつまでたっても治りません。

「よかれ」と思って、「アレルギー検査の結果をみて選んだ食事」に限って皮膚病の原因になっていることが圧倒的に多いので注意が必要です。

診断(アレルギー検査)が合っているのであれば、その食事療法で劇的に改善しているはずです。

治っていないということは、診断(検査結果)そのものに皮膚病との関連がないと考えてもいいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2018年8月 4日 土曜日

シーズーの脂漏症・マラセチア・毛包虫(アカラス)治療

シーズーの脂漏症・マラセチア性皮膚炎・ニキビダニ(毛包虫・アカラス)といった皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


シーズーの皮膚病は非常にシンプルですが、負のスパイラルが回りだすと非常に重症化して何をどうすればいいのか優先事項がわからなくなることがあるため難治性になりやすい傾向があります。

シーズーの皮膚病はこれを把握すれば10中8,9うまくいきます。

 〇膿皮症
 〇マラセチア性皮膚炎
 〇脂漏症
 〇アトピー
 〇食物有害反応
 〇心因性掻痒症
 〇内分泌疾患
 〇毛包虫(アカラス、ニキビダニ)

平均で4~5つありますので、治療成功の秘訣は1つも漏らさず診断して、優先順位を間違わないことです。

当院でのシーズーの皮膚病改善率が100%なのはこの診断と優先順位の診極めだと思います。

【症例】

 シーズー 4歳 女の子(不妊手術済)

【経過】

 〇今までずっとアトピーと言われていた

 〇食事療法している

それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは正面から。




続いて、顔の左側です。




続いて、顔の左側です。




続いて、頚部とその拡大です。






続いて、前胸部です。




続いて、右前肢です。







続いて、左前肢と腕、肢端の拡大です。










続いて、胸部です。




続いて、腹部です。




続いて、右後肢と左後肢です。













続いて、側面とその拡大です。




















それでは初診時から6週間後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。



























































痒みは皆無に近く、非常に元気になって体調も絶好調になったそうです。

診断は、毛包虫(ニキビダニ、アカラス)、脂漏性マラセチア性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、食物有害反応です。

このタイプに心因性は含まれていません。

こういった症例では治療に順番があり、毛包虫からアプローチして、マラセチアとアトピー対策を次に行います。

食物有害反応に対する食事療法は初回からでもいいと思います。

今回のポイントは、

①初診時に毛包虫(ニキビダニ、アカラス)を確実に見つけること

②併発疾患であるアトピー・脂漏・マラセチアより毛包虫に対しるアプローチを先に行うこと

③初期の毛包虫に対する治療から途中でアトピー・脂漏・マラセチアよりの治療にシフトすること

④初診時ないし2回目に毛のカットと薬浴を行うこと

だと思います。



投薬治療が必須の症例ですが、スキンケア&ECは非常に重要だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2018年8月 3日 金曜日

フレンチブルドッグの副腎皮質機能亢進症(クッシング)

フレンチブルドッグの皮膚炎・脱毛・ホルモン異常などの皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


【症例】

 フレンチブルドッグ 7歳 女の子(不妊手術済)

【経過】

 〇1歳からフケを伴う円形脱毛が複数できる皮膚病を繰り返す

 〇去年の1年間は珍しく何もなく、きれいな状態を保っていた

 〇半年前からぶり返し?

 〇多飲多尿を認めるが、飲み薬(不明)をやめたら元の状態に戻った

それでは初診時の状態です。















































それでは初診時から3カ月弱後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。











































わずかに残っている部分もありますが、かなりよくなりました。

診断は内分泌疾患の1つ副腎皮質機能亢進症(通称クッシング)です。

昔は細菌性皮膚炎「膿皮症」を繰り返していたのだと思います。

よくもわるくもホルモン異常により免疫がかわり、昨年は膿皮症が一時的にでにくい状態になり、いよいよ皮膚コンディション低下のときにステロイドが投与が医原性となりクッシングが表面化したと考えられます。


今回の症例のポイントです。

ホルモン異常は進行しなければ発見しにくいかもしれませんが、日常的に皮膚をよくみていればかなり早期に気づくことができます。

軽症であれば確定所見をえることが難しいこともあるかもしれませんが、「あれ?これはおかしい。将来的にホルモン疾患の診断が必要かも」と伝えられるタイミングがきっとあります。

明らかな症状がでて副腎皮質機能亢進症(クッシング)と診断できる1~2年前には「おかしい」と気づける所見がどこかにあるので、「皮膚をよくみる」を繰り返していくことが大事だと思います。

今回の症例ではスキンケアやサプリメントでどうにかなるものではないので、的確な判断力・診断力を提供する医療が非常に重要だったと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2018年8月 2日 木曜日

動物病院の診察室での会話③ 獣医師は超能力者?

症例報告とはまったく関係ないブログ第3弾です。

   動物病院の診察室での会話① 獣医師は嘘つき

 動物病院の診察室での会話② 獣医師は演技派



ここ最近あることを当てて驚かれたときの診察のことです。

以前にも当院での治療歴があるわんちゃんが、久しぶりに皮膚病の再発で来院されました。

皮膚を診ながら「あれ?去年の夏の皮膚コンディションと違うな」と違和感を感じてあることが頭をよぎったので飼主さまにこう聞いてみました。

僕 「最近ドッグフード変えました?」

飼主さま 「え?どうしてわかったんですか?? 確かに2カ月前に変えました。」

僕  「たしか依然お聞きしていたのは●●●●だったはずですが、今のフードの名前教えてください・・・〆(._.)メモメモ」

※手元のメモにあることを書きました。

飼主さま  「え~っと・・・ネットで買ったやつで・・・(スマホで確認)」

飼主さま  「そうそう、〇〇〇〇というアレルギー対応食とかいうものです」

僕  「はい(事前に書いたメモをみせる)」

飼主さま  「え~!!なんでわかったんですか!?」


皮膚を見て食事を変えたこと、そして変えたご飯を当てることに成功しました(笑)

去年のの治療の時点でよくなっていたため、本当は食事を変える必要なんてなかったのですが、急に食べが悪くなったようでやむを得ず変えたようです。


参考までに食事を当てるのは珍しくなくて、今までにも数え切れないくらい当てています。

世の中には驚くほどの種類のドッグフードがあるため100%にはほど遠いですが、ときどき「あ、〇〇〇〇を食べているんだろうな」とわかることがあります。

それはカルテ情報、問診、そして肝心の皮膚をみるとわかるようになるんですね。



・・・でも初診時に「うちの子が何を食べているか当ててください!」というのはなしですからね(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着情報

一覧を見る

2018/08/02

<8月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

夏季休診
8/11(土曜日)正午~8/15(水曜日)
8/27(月曜日):午後受付は4:45まで
※その他、セミナー参加・遠隔診療等で
急遽変更になる場合もございますので
ご了承ください。

2018/06/27

<7月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

7/16(月曜日):祝日のため休診
7/30(月曜日):午後受付は4:45まで
※その他、セミナー参加・遠隔診療等で
急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2018/05/29

<6月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

6/25(月曜日):午後受付は4:45まで
※その他、遠隔診療・セミナー参加t等で
急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2018/04/29

<5月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

5/3(木曜日):祝日のため、午後休診
5/4(金曜日):祝日のため、午後休診
5/28(月曜日):午後受付は5:00まで

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で
急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2018/03/31

<4月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

4/2(月曜日):遠隔診療のため休診
4/30(月曜日):振替休日のため休診
5/3(木曜日):祝日のため、午後休診
5/4(金曜日):祝日のため、午後休診

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で
急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。