院長ブログ

2017年2月26日 日曜日

【皮膚科専門外来】ミニピンの湿疹・フケ・毛並みの異常

湿疹や脱毛だけでなく、フケ・毛並みといった些細な皮膚トラブルの治療にも力をいれている皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。



今日はミニチュア・ピンシャーを紹介します。

動物病院を受診するミニチュア・ピンシャーの皮膚トラブルといえば、「痒みを伴うアトピー性皮膚炎」が最も多いかと思います。

しかしミニチュア・ピンシャーにはもう一つ特徴的な皮膚トラブルを抱えています。

しかしこの皮膚トラブルが適正に診断されていることは極めて稀です。

当院も5年前まではまったくアプローチできていませんでした。

しかし今は違います。

初診時、診た瞬間に判断できるようになりました。

今日はそんな症例です。


【症例】

トイマンチェスターテリア    4歳2ヶ月  女の子(避妊済み)


【症歴】

 〇2年前からフケが多い

 〇同じくして虫食いのような小さな脱毛が繰り返しおきる


それでは初診時の状態をみてみましょう。





続いて、頚部です。



続いて、身体側面。




胸部側面のフケの状態です。




続いて、胸部です。




続いて、腰~大腿部の右側面です。



続いて、腰背部のフケの状態です。



同じく腰背の拡大です。
※ピントが若干ずれています。





ミニチュアピンシャーでは非常に多いタイプの皮膚コンディションですね。

見た目の重症度でいうとかなり軽いため、ミニチュアピンシャーを飼育されていない方であれば「乾燥肌?」程度にしかみえないかもしれませんが、立派な皮膚トラブルです。

動物病院の獣医師からみると、「ミニチュアピンシャーではよく診る」というタイプかと思います。


それでは8週間後の状態を比較してみましょう。




※頚部、変化が乏しいようにみえるかもしれませんが、被毛が随分と増えています。








※黄色の点線のエリアで被毛が増えています。





※一過性の下痢があった直後のためやせているのですが、治療上のものではありません。

治療の改善としてみるべきものは、

・フケがなくなった

・虫食い脱毛・湿疹がなくなった

・毛並みがよくなり、被毛が増えた

・タン(顔の柄)が綺麗にでるようになった

です。



表面上の診断名は「膿皮症」なのですが、問題は「なぜ膿皮症になるのか?なぜ繰り返し起きているのか?」ですね。

膿皮症を治すために抗生物質を使うことは間違いではありませんが、抗生物質では「膿皮症になる原因」を治療することはできません。

「抗生物質を服用するとよくなるが、やめると再発する」が起きてしまいます。

またこのタイプのフケを「乾燥肌、ミニチュアピンシャーに多い体質」と片付けてはいけません。



スキンケアとサプリメントだけで治るタイプではありませんが、スキンケアは非常に重要だと思います。




またこのタイプは初診時での診極めが可能なタイプの一つですので、メールと写真で継続治療を遠隔診療でも十分に対応が可能だと思います。






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年2月19日 日曜日

【シーズーのスキンケア】脂漏性マラセチア性皮膚炎の治療

脂漏性マラセチア性皮膚炎になりやすいシーズーの皮膚病治療にスキンケアを取り入れいている皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


2016年の夏に新しいお薬が発売されてこのタイプの皮膚病がぐっと減るのではないか・・・と予測していたのですが、今のところあまり大きな変化はありません。

効かないわけではないのですが、1つのお薬単独で劇的な改善があるわけでもないので、やはりスキンケアがなければいいお薬も生かされないのだろうと思います。


【症例】

 シー・ズー  7歳  男の子(去勢済み)

【症歴】

 〇3年前から続く慢性的な皮膚病

 〇1年中発症しているが、特に梅雨~夏に悪化する


まずは初診時の状態をみてみましょう。

被毛が多いと皮膚コンディションが診え難いのと、スキンケアの効果メリットを考えて全身をカットさせていただきました。






























それでは治療後の状態を、初診時及びカット後の状態と比較して見ましょう。

※画像をクリックすると大きくすることができます。



















上記でも軽く触れましたが、こういったタイプでは投薬治療が有効なため、当院でもいろいろ組み合わせて処方するのですが、「スキンケアなくして改善なし」は共通です。

その理由は当院に特別なお薬があるわけではなく、処方するほぼすべてのお薬がどんな動物病院でも日常的に処方されているものだからです。

今回処方した内服も、どの動物病院でも処方されているタイプのものです。

そのため治療の差で「今までなかったもの」については、「スキンケア」と「サプリメント」くらいだと思います。

医療において魔法のようなお薬はありませんので、すべての治療パーツを組み合わせてはじめていい治療効果を生み出します。

内服の組み合わせやタイミングを変えることでコントロールしやすくなることもあるので、それは皮膚の経過・コンディションをみながら、経験を生かして変化をつけていきます。


当院で使用しているスキンケアとサプリメントは以下のオンラインショップからでもお買い求めいただけます。

適切な医療とともに併用することで相乗効果を生むことができると思います。




また、当院ではこのタイプのわんちゃんにも遠隔診療を提供しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年2月18日 土曜日

【スキンケア科学】診療最前線と実験

犬の皮膚病治療の選択肢として、スキンケアと免疫治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


診療していると「医療に答えやゴールはない」と日々感じます。

そんな日進月歩である世界を生きていると、過去にできなかったことができるようになったとしても、時間が経つとそれが随分と古く感じるようになってきます。

当院もスキンケアに力を入れて早5年以上が経過し、かなりの実績も積み重ねてきたつもりですが、僕の中ではもうすでに過去のものになっています。

もちろん間違いではありませんし、今でも頼りにしていますが、「もっと他にアプローチがある」と思って探し続けています。

そんな中、1年ほど前にある実験データが目にとまりました。

乳酸菌が病原菌の増殖を抑制する実験データです。
 

そのデータを見ながら・・・

「皮膚の病原体を抑制し、皮膚の免疫異常をコントロールするために乳酸菌をスキンケアで活かすことができないか?」


早速調べてみました。

さすがに乳酸菌が皮膚上で有効になるというようなことはなかったのですが、乳酸菌が活動の中で生み出す物質が免疫にプラスになるのではないかという研究発表はいくつもあることがわかりました。


そこで、

「乳酸菌産生物質が、皮膚の病原体の増殖を抑えることはできないのか?」




早速実験してみました。

準備するのは、

・乳酸菌産生物質
・培地
・コントロール(生理食塩水)
・抗生物質ディスク
・空ディスク

※ここでいう「ディスク」とは直径5mmほどの薄い円盤状のガーゼのようなもので、液体をしみこませることで、その液体に抗菌効果があるか調べるものです。


そして実際の膿皮症のわんちゃんの膿を無菌的に採取し、実験開始!

結果は・・・





真ん中がCEXという抗生物質がしみこんだディスクで、阻止円(菌が繁殖できていないエリア)が認められます。

周辺のディスクはコントロールの生理食塩水や、今回の乳酸菌産生物質を原液~希釈液までしみこませたものです。

抗生物質以外のディスクでは細菌の増殖を抑えることはできませんでした。

かなり期待して実験したため残念ではありますが、実はこういういことは日常茶飯事です。

むしろこの数年間この繰り返しです。

ああでもない、こうでもない・・・・・・・・ボツになった思いつきは数え切れません。



でもどこかにあると思うんですよね、新しいアプローチが。

がんばって探します♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年2月17日 金曜日

【フレブルの皮膚科専門外来】足の腫れ、顔の痒み、湿疹

フレンチブルドッグの皮膚病治療に力をいれている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


冬の診察は暇なのですが、3月から11月まではフルスロットルで駆け抜けることになるため、最近は診察以外の仕事が忙しくなっています。

もうまもなく冬が終わりますので、徐々に身体と心のギアをあげていきます!



【症例】

 フレンチ・ブルドッグ 8歳 女の子(避妊手術済)

【経過】

 〇1歳から続く慢性的な皮膚病

 〇季節性はなく、ほぼ1年通した発症
 
 〇過去の治療は抗生物質、ステロイド、抗真菌剤、抗菌軟膏など。

それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは全体像。




続いて、顔の拡大です。

※ちょっとわかりにくいですが、皮膚炎が強く顔に傷が多数あり、硬くなっています。




続いて左右の前肢です。






続いて、腹部です。





それでは治療後と比較してみましょう。

※画像をクリックすると大きくすることができます。




















※最後、腹部にちいさな湿疹が1つ残っていますが、このあと完全に消失しました。


完全に綺麗になってから最後撮影する予定を忘れていたようで・・・失礼しました。


今回のポイントは四肢端とお腹と顔の皮膚トラブルが1つの病気ではないことですね。

1つの診断名と1つのアプローチでは絶対にいいコントロールは不可能です。



この初期の治療は薬浴とサプリメントを主に行いました。




特に内股の湿疹にはサプリメントが非常に有効です。

四肢端・顔の改善には投薬治療が必須と考えています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年2月13日 月曜日

【遠隔診療の実際】メールと写真で治るのか?

フレンチブルドッグの痒みを伴う皮膚病治療に力を入れて取り組んでいる皮膚病治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


今回は当院受診のきっかけがちょっとだけいつもと異なる症例報告です。

きっかけは、当院のオンラインショップの無料相談(スターターセット購入の特典)からでした。

飼主さまからいただいた写真の状態は重度の皮膚病であり、過去の治療歴の経過もかんばしくなかったこともあったので、当院の遠隔診療を提案させていただきました。

もちろん写真をみて「遠隔診療で十分に対応できる」と判断したのもあります。


では、治療症例です。



【症例】

 フレンチ・ブルドッグ  3歳6ヵ月   男の子(去勢済み)

【症歴】

 〇1年半前からの皮膚病

 〇過去に2件の動物病院を受診


それでは初診時の状態から紹介します。

まずは正面から。




続いて、顔の皮膚炎。






続いて、頚部の湿疹。




続いて、胸部の湿疹。




続いて、わきの湿疹。




続いて、腹部・内股の湿疹。






続いて、側面です。

斜め後ろからみると湿疹の分布が非常にわかりやすいです。











実際に診たのはこの上記の初診1回のみで、この後はすべてメールと写真による遠隔診療としました。

治療後、飼主さまにご自宅で撮影していただいた写真を紹介します。
まずは、顔。




続いて、腹部。




続いて、背中全体。




続いて、左側面。




続いて、右側面。




続いて、右前肢。




もちろん湿疹は一つもなく、顔・身体・四肢端すべての痒みも改善されました。


よく「初診時の診極め」とお話しますが、現実はメールと写真でもほとんど診極めができるのが皮膚科です。

もちろん当院でも治療成績がかんばしくない場合もありますし、本当のマレな難治性もいるのですが、確率論で「一般的な体質」に入るのが現実です。

今回のフレンチブルドッグのわんちゃんも同様で、抑えるべきところを抑える治療を選択すれば治療は一瞬です。


もちろんこういった症例には当院のスキンケアとサプリメントは必要不可欠です。





メールと写真で行う遠隔診療の実例を紹介してみました。

同じようなわんちゃんであれば、遠隔診療でもかなりの高い精度で治療成績を劇的に向上することが可能と考えています。

もしお困りの飼主さまは、一度ご相談ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

新着情報

一覧を見る

2017/02/17

〈3月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

20日(祝・月):午前・午後休診
その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/01/22

〈2月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/01/05

〈1月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

9日(月・祝):休診
23日(月):午後休診

2016/11/21

〈12月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

23日(金・祝):午後休診
29日(木)午後受付5時まで
30日~1月4日:休診

2016/10/17

〈11月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

11/3(木・祝):休診
その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。