院長ブログ

2018年6月19日 火曜日

リリューアル×3と新作開発状況

犬の皮膚病治療の体質改善に力を入れてサプリメントを開発している皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


当院では犬の膿皮症の治療・再発予防、アトピーの緩和、脂漏性マラセチア性皮膚炎といった慢性皮膚病の体質改善に力をいれており、過去の「閃き」からスキンケアECプラスを開発しました。



あれからもう3年半経ちましたが、「皮膚病を治したい」という想いで今でも継続してよりよいサプリメント開発の試行錯誤を重ねています。

過去にも乳酸菌の種類を増やすというリリューアルを行ったのですが、今年も大きなリリューアルを行いました。

スキンケアECプラスには現在3種類の乳酸菌を入れていますが、前回リリューアル時に追加した乳酸菌の数を3倍に増やしました。

そして繊維質として採用していた「夕顔果実末」を「アップルファイバー」に変更しました。

この2点の変更により色調が「白に近いベージュ」から、「カフェオレ色」に変わっています。

一部のわんちゃんに不評だった?嗜好性も、アップルファイバーのおかげでよくなりました。

高級乳酸菌を3倍量に増やしたので製造コストがそれなりにUPしましたが、お届けできる価格を変更しなくてすむように大量発注でカバーしています。

そして病院内がダンボールの山になってます(^^;

客観的に分析してもすごくいいサプリメントに仕上げることができているものなので、僕個人も毎日かかさず服用しています。



リリューアルついでにもう3件報告です。

【ホームページリリューアル】

当院のHPをリリューアルします。

最新情報に切り替えるのと、みやすくします。


【オンラインショップリリューアル】

商品数が増えたので、選びやすく、見やすくします。


【新スキンケア商品 Medicareモイストクレンジングオイルジェル】

6月末に納品予定で、オンラインショップリリューアル時に掲載予定です。

How To動画を製作中なので、完成したらこちらでも紹介させていただきます。

この1点の企画・開発に2年以上、動画製作に100時間以上費やしているので完成が楽しみです。

きっとみなさまのお役に立てると思います。


この3つの仕事に区切りがついたら次は学術活動に力を入れる予定です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2018年6月18日 月曜日

シーズーのしつこい痒み皮膚病治療

シーズーの痒い皮膚病として特徴的な「手舐め」「足舐め」「お腹(内股)を舐める」「首を掻く」などの症状がでやすいアトピー・アレルギー・マラセチア性皮膚炎といった皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


【症例】

 シーズー 9歳 女の子(避妊手術済)

【経過】

 〇2歳のころから続く痒み・皮膚トラブル

 〇季節性はなく1年通して痒みがある

 〇痒みは四肢端「手舐め」「足舐め」、腕を噛む、下顎~首をかく、腕をかむ、内股をなめる、脇を舐めるetc


それでは初診時の状態をみてみましょう。





まずは頚部とその拡大から。







続いて、右前肢とその拡大です。








続いて、左前肢とその拡大です。











続いて、胸です。




続いて、後肢です。






それでは初診時からわずか2週間後の状態と比較してみましょう。

初診時に薬浴と処方を行いました。

※写真をクリックすると大きくすることができます。



































赤み・皮脂といった見た目はほぼ改善しています。

重症部位は頚部だけでしたので、治療の差はあまり感じにくい写真比較だったと思いますが、痒み症状はほぼゼロになりました。

ペチャペチャと舐めてつづけていたのが、もうなくなったそうです。


こういったタイプはスキンケア、EC&LFのすべてが有効に作用します。

特にLFプラスは必須でしょう。

脂漏症、アトピー、舐め癖(心因性)などの皮膚トラブルのために当院が開発したスキンケア&サプリメントはオンラインショップからお買い求めいただけます。



的確な診断の上で使用いただけると非常に有効に作用します。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2018年6月16日 土曜日

予約状況について

犬の痒み・脱毛などの皮膚病治療のみを行う皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


今日は最近の予約状況についてのお知らせです。

当院に初めて来院される初診の場合は、診察にお時間がかかる(90~120分)ため、原則12時からの診察(1日1件)で完全予約制としております。

  ※再診の方は当日でもお電話いただければ空いているお時間をご案内しています。

ただ、最近になってこの初診の予約が約2週間先まで埋まるようになり、初診までお待たせしてしまうことがあります。

状況にもよりますが、現在は12時以外でも空いているお時間があれば早めのご予約にも対応するようにしていますので、まずはお電話でご相談ください。

お電話のときに必要な情報は今の服用しているお薬の名前で、事前に把握できていればスムーズです。

よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2018年6月15日 金曜日

再発を繰り返す細菌性膿皮症の治療と再発予防

犬のブツブツ・湿疹「細菌性膿皮症」の治療および再発防止に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


犬の皮膚病で最も症例数の多い「膿皮症」ですが、シンプルなのにとても奥が深い病気です。

個人的には「人間の風邪」と同じレベルで、「治せるけど、二度とさせない方法はない」のため、いかに再発を減らすか?がポイントです。

【症例】

 ヨークシャーテリア 6歳 男の子(去勢済み)

【経過】

 〇1年前から湿疹が治らない

それでは初診時の状態をみてみましょう。



まずは内股、左の内股に2~3この湿疹が認められます。







続いて、背中です。




毛をかき分けないとわかりませんが、円形の湿疹が無数に認めらます。




約1か月後の状態を比較してみましょう。













湿疹はゼロになりました。

これだけきれいになったのは1年ぶりということだそうです。

こういった膿皮症の場合は、2つゴールを設定します。

 1つ目 「湿疹をゼロにする」

 2つ目 「再発させない」

今回はまだ1つ目ですが、治療成績向上と2つ目の再発予防のために、初診時から当院が膿皮症治療のために開発したサプリメント「スキンケアECプラス」を併用しています。

特別な基礎疾患がないことを条件にですが、繰り返す膿皮症に対してはスキンケア&サプリメントが非常に有効なため、当院が開発した膿皮症ケアセットで取り組むといいと考えています。

当院が開発したスキンケア商品とサプリメントは以下のオンラインショップからお買い求めいただけます。



多くの方が「スキンケア」にこだわりがちですが、一番大事なのはサプリメント「スキンケアECプラス」です。

スキンケアは起きてしまった細菌感染を早めに抑え込むには非常に大事ですが、膿皮症の原因を直接抑え込むのは限界があります。

季節(梅雨~夏)による湿疹を予防する効果はかなり高いと思いますので、季節性であればスキンケアメインでもいいかと思います。

「細菌性の膿皮症」と一言にいっても、その原因と対策は症例によってかなり異なるため、獣医師による的確な判断とアドバイスが必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2018年6月14日 木曜日

アポキルが全く効かない柴犬の痒い皮膚病

柴犬のアトピー・アレルギーや、アポキルが効かない難治性皮膚病の治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


柴犬の痒みに対するアポキルの使用ですが、とてもよく効く、ある程度効く、わずかしか効かないとバラバラです。

今回はアポキルが全く効かないという症例報告です。

【症例】

 柴犬 2歳10か月 男の子

【経過】

 〇約1歳のころから痒みを伴う皮膚病

 〇3件の動物病院で治療も改善なし

 〇アポキルを10カ月継続するも明らかな改善なし

 〇痒みは「泣き叫ぶほど」という強い痒み

 〇夜中も散歩中でもひめいをあげるほど痒い

 〇痒いの部位は、目・鼻・手首・下顎・耳・内股

 〇アレルギー検査済

 〇食事療法継続中

それでは初診時の状態を紹介します。


























見た目は非常に綺麗ですね。

これは「治療後」ではなく、当院を受診された当日の写真なので「治療前」の写真です。


初診から11日後に2回目の診察にきていただきましたが、痒みはほぼなくなりました。

なおアポキルの服用をやめても痒みのぶり返しはなく、おちろん泣き叫ぶこともなくなりました。



※治療前の時点で見た目の皮膚病変が乏しかったため、写真はありません。



このタイプの診断は初診の一瞬です。

診察室でお話して5分か10分後には確定できるタイプです

元々大した痒みではなかった?と思われるかもしれませんが、今回は過去3件の動物病院で治療して、その上で「大阪」から約3時間かけて来院されています。

それぐらい痒かったということです。

このタイプには当院のヒーリングケアLFプラスが有効です。

当院のオンラインショップからお買い求めいただけます。





的確な診断とともにご使用いただければこれほど「実感できる」有効なサプリメントはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着情報

一覧を見る

2018/05/29

<6月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

6/25(月曜日):午後受付は4:45まで
※その他、遠隔診療・セミナー参加t等で
急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2018/04/29

<5月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

5/3(木曜日):祝日のため、午後休診
5/4(金曜日):祝日のため、午後休診
5/28(月曜日):午後受付は5:00まで

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で
急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2018/03/31

<4月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

4/2(月曜日):遠隔診療のため休診
4/30(月曜日):振替休日のため休診
5/3(木曜日):祝日のため、午後休診
5/4(金曜日):祝日のため、午後休診

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で
急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2018/03/03

<3月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

3/5(月曜日):午後受付は4:45まで
3/30(金曜日):午後受付は4:45まで
4/2(月曜日):遠隔診療のため休診

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で
急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。

2018/02/01

<2月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:休診
毎週、日曜日:午後休診

2/3(土曜日):午前11:30まで、午後休診
2/12(月曜日):休診
2/26(月曜日):午後受付は3:00~5:00

※その他、遠隔診療・セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますのでご了承ください。