院長ブログ

2017年5月22日 月曜日

【差のつく皮膚病治療】フレブルとアポキルと+?

こんにちは、フレンチブルドッグの痒みを伴う皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院四季の森どうぶつクリニックです。


暑い日が続いており、わんちゃんの皮膚トラブルも増えてきました。

今からケアを欠かさずつづけることで、いいシーズンにすることができますので、がんばっていきましょう。

それでは今日の症例です。

【症例】

 10歳 フレンチブルドッグ

【病歴】

 〇3年異常前から手先~腕を舐める皮膚病

 〇その他、お腹の皮膚炎、頚部~胸の皮膚炎

 〇過去の治療歴はステロイドの内服と外用薬

   ※ステロイド内服、1年365日のうち100日以上服用、3年以上継続


それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは正面から。




続いて、頚部~前胸部。




同じく前胸部の拡大、黄色の皮脂がびっしりと付着しているのがわかるでしょうか?




続いて、胸部、円形脱毛があり、湿疹があることがわります。




続いて、右前肢。




続いて、左前肢。



同じ部位の拡大をみてみましょう。




同じく左前肢の指先です。







それでは治療後と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。













非常に綺麗になりました。

今回の治療にはアポキルを併用しましたが、腕を舐める症状と足先を舐める症状は改善しませんでした。

そのためアポキルに当院のサプリメントを併用したところ、写真のように非常にきれいな改善を認めました。


確かにアポキルは安全性も高く、非常に強力な痒みを抑える作用がありますが、すべての痒みを押さえるわけではありません。

当院のサプリメント、ヒーリングケアLFプラスはこういったアポキルが聞きにくい、特に四肢端や腕を舐めるわんちゃんの体質ケアに非常にお勧めです。



いくつかの商品がありますが、フレンチブルドッグのわんちゃんであれば、掻く・舐めるといった痒み治療のために開発されたスターターセットをお勧めします。

今回のわんちゃんでも、脂漏にはスキンケア、湿疹にはスキンケアECプラス、四肢端の舐める痒みにはヒーリングケアLFプラスと症状に適したケアを行って治療を成功に導くことができました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年5月21日 日曜日

【トイプードルの皮膚病治療】スキンケアとサプリメントが重要な脂漏性皮膚炎

トイプードルの脂漏性皮膚炎の治療に力を入れている皮膚科治療専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


春のピークも過ぎ去り、通常モードになってきましたので、症例報告を再開していきます。

それでは今日はトイプードルの典型的な皮膚病の一つ、脂漏症の症例報告です。



【症例】
 トイプードル    9歳2ヵ月    女の子(避妊済)



【症歴】

 〇1歳から発症

 〇過去の治療はステロイド、クロルヘキシジンシャンプー、ケトコナゾールなど


それでは初診時の状態をみてみましょう。




続いて、身体を右側面からみてみましょう。




続いて、頚部です。




同じく頚部をやや右側からみてみましょう。




続いて、左の耳です。




続いて、右前肢です。




続いて、左前肢です。




続いて、身体の左側面、腹部~大腿部にかけてです。




同じく太もも外側の拡大です。




続いて、右後肢の内側です。




同じく、右後肢の膝~スネにかけての写真です。




同じく右後肢の甲~足首の部分です。




かなり重度の脂漏性皮膚炎ですが、トイプードルでよくある典型的な状態でもあります。

病気としては特別なものではなく、治療は非常にシンプルです。


それでは治療後との比較をみていみましょう。

※画像をクリックすると大きくすることができます。

まずは頚部です。




毛がのびていて、皮膚がみえにくいため、まだ被毛が伸びきっていない状態の比較もだしてみます。



  

続いて、左耳です。




続いて、右前肢です。




続いて、左前肢です。




続いて、身体の右側面です。




続いて、右後肢の内側です。




同じく右後肢の膝~スネの部位です。




このスネの部分ですが、被毛が長くなって、皮膚コンディションが見えにくいため、治療途中をお見せします。



かなり綺麗になっているのが伝わると思います。

続いて、右後肢の足首~甲にかけての部位です。



同じく治療途中の状態をみてみましょう。



かなり皮膚コンディションが改善しているのがわかると思います。



トイプードルの痒み・皮膚トラブルにはさまざまな要因があり、どこに力をいれて治療すべきかは症例によって異なります。

投薬メインの場合もありますし、スキンケアメイン、サプリメントが重要なこともあります。

当院ではありとあらゆる角度からのアプローチで高い治療成績をだしています。

差のつく治療成績のポイントがスキンケアとサプリメントです。

遠方の飼主さまでもご利用いただけるようにオンラインショップでも取り寄せることができますので、お困りの方は一度ご検討ください。




さまざまな商品がありますが、トイプードルであればヒーリングケアLFプラスが含まれた「掻く・舐めるといった痒み治療のために開発されたスターターセット」が最も適していると思います。

投薬治療と併用することで、今まで以上に高い治療成績をだすことが可能です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年5月20日 土曜日

【皮膚科】アポキルは効く?効かない?~薬の使い方~

柴犬の皮膚病治療に力をいれている、皮膚科専門動物病院の四季の森どうぶつクリニックです。


随分と暑くなってきましたね♪

昨年、皮膚科の画期的な新薬「アポキル」が発売されて、そろそろ1年が経とうとしています。

1年前に使い始めたときは「先生!うちの子に何を使ったの!(笑)」と言われるほどの劇的な治療効果に驚き、同時に「自分の仕事は無くなるのではないか!?」と恐怖さえ抱いたことを覚えています。

・・・・・・あれから約1年、そんなアポキルをもってしても、当院を受診される飼主さまは減りませんでした。

変わったのは、

「アポキルを飲んでいるのによくならない」

「アポキルが効かなかったらしょうがない、と言われた」

と頻繁に聞くようになったことでしょうか。


しかし当院では「アポキルが効かなければ次はない」というような最終兵器とは思っていません。

アポキルが効きにくい症例は珍しくないのですが、本当の意味で効かないわけではありません。

効かないには効かないなりの理由があり、「効かせる」ことができるのです。

今日はそんな「ある工夫でアポキルを効かせた」症例報告です。


【症例】

 柴犬 4歳 去勢雄

【病歴】

 〇生後6ヶ月から続く、季節性のない通年性の痒み

 〇当院で4件目の受診

それでは初診時の状態です。

まずは顔の側面から。




つづいて、体幹の側面(右側)です。




腹~胸部の側面の毛をかきあげて、どれほど掻いて毛がなくなっているかを撮影してみると、




地肌がみえているため、かなり強く掻いているのがわかります。


続いて、後足側面です。




こういったわんちゃんにアポキルを処方すると・・・

※写真をクリックすると拡大してみることができます。







随分とよくなります。

しかし・・・








十分に効かない部位が残っているのがわかります。

アポキルを毎日3ヶ月以上服用しても「痒みが強い」という症状のままです。

実は原因はわかっています。

そのため「〇〇〇すれば効くようになりますよ!」とあることをします。

すると、4週間後・・・










かきむしっていたのが随分と落ち着き、掻き壊すこともなくなってきました。


アポキルの投与量や、投与回数は一切変更せず痒みの改善が認められました。



今回の治療症例のポイントは、

①アポキルの投与により痒みが激減した部位は確かにある(顔)

②アポキルでまったく効いていない部位もある(胸・お腹)

③アポキルが効かないわけではない(顔は効いている)

④痒みのすべてが1つの原因で起きているとは限らない

⑤別の問題点が隠されていることに気づかなければいけない

⑥アポキルの量や回数の問題ではない

でしょうか。

そして最も大事なことは、「診た瞬間に、アポキルが効くけど、アポキルだけでは無理。工夫が必要。」と判断できることですね。



※では今回の症例でなぜ3ヶ月やらなかったのか?ですが、実はこのわんちゃんの痒みは再発です。
初回の治療ではアポキルと工夫の治療をやって効いたのですが、飼主さまの強い強い希望で工夫治療は終了になりました。
「再発しますよ」とはお伝えしたのですが、やはり「完治した」と思うほどの結果でしたので、終了になってしまうことはゼロではありません。
そして再発時の初期治療にはその工夫は含まれず、しばらく苦戦し・・・・という流れでした。
しかし今回の件により、飼主さまにも「本当に何が必要になっているのか」はよく伝わったかと思います。
そういう意味では「小出しにする」という治療プランは価値があると思います。



※※※※※※※※※

当院では今年から新しい活動として、専門分野を持たない個人動物病院向けに診療サポートを行っています。

スキンケア商品、サプリメントの共用や、症例報告からの治療成績向上を目的としています。

業務提携にご興味のある方はお問い合わせください。


四季の森どうぶつクリニック
平川




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年5月 6日 土曜日

【柴犬の皮膚病治療】アポキルが効かない?

柴犬のアレルギー・アトピーなどの痒みを伴う慢性難治性皮膚病の治療に力をいれている動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


以前のブログ記事で、「今年の新しい取り組み」を紹介したのを覚えている方はいますか?

 アポキルの効果判定【ウェスティの皮膚病治療】

この記事の最後に、今年は他の動物病院とグループをつくって新しい医療提供につなげていく活動について書いてみました。

もちろん複線があってのことでしたが、実は今年の1月に遠方で開業されている先生からメールで治療についての相談を受けました。

 【症例】

 4歳 柴犬

【経過】

 〇1歳からの全身の痒み
 〇過去の複数の動物病院の治療歴は
  ・ステロイド内服、ステロイド外用(スプレー)
  ・シクロスポリン(半年以上継続)
  ・インタードッグ(2日に1回で半年以上)
  ・試験的駆虫(毛包虫対策)
  ・アレルギー検査(IgE&リンパ球検査済)
  ・食事療法2種類実施済み
  〇現在の内服はアポキル

アポキルを1日2回の服用することである程度はの効果をみとめたが、写真のレベルであり痒みは抑えきれない。

ステロイド1mg/kgの方がよく効く。

ということでした。(写真もおくっていただきました)


実際に診てみないと・・・が基本ではありますが、病歴と写真でだいたいわかります。

ただ説明も難しくなるため、その先生の病院まで1度だけの往診をすることにしました。

僕の休診日と、先生と飼主さまとの予定を合わせて1件1日がかりの往診です!

それが1月末でした。

現地では診るだけ、念のための血液検査(結果は後日わかる)だけで、診る&聞くだけの診察で治療方針を先生と飼主さまにお伝えし、1回限りの往診を終了としました。




それから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2ヵ月~2ヶ月半で随分とよくなったそうです♪

具体的には1日2回のアポキル投与でも十分に抑えられなかった痒みが、1日1回投与でもかなり抑えられるようになったようです。

過去の治療歴をみて「いったい何が効くのか?何がたりないのか?」と思われる方も多いと思いますが、今でも知られていない病気と治療薬もあるということです。

これからこういった形で遠方の動物病院での医療サポートを行っていこうと思います。







このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

2017年4月20日 木曜日

春の一休み

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。


ちょうど3月の中旬過ぎたあたりから春らしい動物病院の忙しさになり、春が・・・、寒の戻りが・・・、桜が・・・という季節感を味わうようなブログを書く事もできず1ヶ月ぶりとなりました。

今日はそんな忙しい春の中でも時間の余裕があり、古くから来院されている飼主さまと診察以外のお話もすることができ、心地よい診察時間を過ごすことができました。

このブログのこともお話したことで思い出したのですが、この1年間診療以外のことにほぼ触れずに過ごしてきたので、これからは少しずつ症例報告以外のこともブログにしようと思います。



まずは何もふれずに過ぎ去ったこの1年のイロイロです。




①開院8周年を迎えました!

平成21年3月9日に開業して8年、移転してそろそろ3年・・・時がたつのは早いものです。

開業当初に今のような独特なスタンスで診療をしていることは想像すらできなかったので、10年後の自分の仕事も読めないのかな?と思ったりします。

時代の流れは非常に速いので、常に自分を変えながら適応していくことができればと思っています。



②医療検査機器を最新のものに変更しました!

血液検査の中で炎症や貧血の検査につかわれる「血球検査」に、アイデックス社のプロサイトを導入しました。




全国の動物病院でもまだ6%くらいしか導入されていない非常に高価で画期的な検査機器です。

今まで読み取ることができなかった細胞レベルでの検査が可能になっています。



開業当初から使用していた検査機器より1検査に必要な試薬が非常に高価なため最低限の料金変更をしましたが、医療機器代の分を考えると実質マイナスでしょうか(苦笑)

ただ飼主さまへよりより医療を提供できる還元と考えて導入を決めたので、個人的には満足な投資になっています。


昨年の夏に導入し、「いい医療機器を導入したからブログでアピールしないと!」と思っていたのですが、・・・・・・・・・・・・・・・結果、半年以上経ってしまいました(笑)



③従業員向けに、「奨学金返済援助制度」をつくりました!

大手企業でニュースになるくらいですから、社会的にはまだ一般的ではありませんが、これからの時代に必要な補助制度の一つではないかなと考えています。

個人的には「返済のいらない奨学金」には反対なので、「反対するには対案を!」というつもりでつくりました。

勤続年数にあわせて支給額を増やし、3年目で返済額30%支給、5年目で50%支給、10年勤続で返済完了まで100%全額支給することにしました。

また5年以上の勤務の従業員が育児休暇を取得した場合、休職中は返済の100%全額支給して若者世代の仕事・家族のサポートをしたいと思います。

ちなみに僕もまだ30台なので「若者世代の・・・」という言葉には抵抗を感じるのですけどね(笑)




他にも大事なことがあるのですが、飼主さまにはお葉書でお知らせしている通りです。


この先の間近のお話としては、

④関東往診 皮膚科特別診療 in 東京

 5月16日(火) 東京都葛飾区内の動物病院で、皮膚科診療を行います。

 お申し込みは、遠隔診療の都市部開催お申し込みフォームよりご相談ください。

⑤新しいスキンケアのサプリを開発しました!

 改めてご紹介したいと思いますが、今までにないタイプのサプリメントをつくることができました。

 2年以上さまざまな症例で治療実績を重ねて、自信をもって提供できます!

 医療を提供している自分だからこそわかる、「医療(薬)ではカバーできない治療(ケア)がある!」です。

 ただいま商品名をどうするか悩み中・・・



まだしばらく忙しい状態でブログ更新も少なめですが、来月には少ずつ増やせると思います。








このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 メディカルスキンケアセンター カトルセゾン | 記事URL

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着情報

一覧を見る

2017/05/04

<5月休診日のご案内>
4/30(日)正午~5/3(水):休診
5/4(木):午後休診
5/5(金):休診

毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診
※その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/04/01

<4月休診日のご案内>
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

<GWのご案内>
4/30(日)正午~5/3(水・祝):休診
5/4(木・祝):午後休診
5/5(金・祝):午後休診

その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/02/17

〈3月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

20日(祝・月):午前・午後休診
その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/01/22

〈2月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

その他、セミナー参加等で急遽変更になる場合もございますので、ご了承ください。

2017/01/05

〈1月休診日のご案内〉
毎週、火曜日・水曜日:午前・午後休診
毎週、日曜日:午後休診

9日(月・祝):休診
23日(月):午後休診